2022年度プレゼンター紹介

第13回womanドリームプラン・プレゼンテーションのプレゼンターとプレゼンターを支えるパートナーをご紹介します
*順不同でのご紹介になります*

プレゼンター

プレゼンター候補

三浦 紀子 さん(宮城県)

自己紹介:宮城県出身

経歴

・介護

・運動インストラクター

・復興支援事業

・飲食店

・セミナー会社

・映像制作、マーケティング会社

 

震災を経験しコーチング・カウンセリング・セラピーなどを学び

世界No1コーチ、アンソニーメゾットを学び、日本の一番弟子、クリス岡崎さんのもとで、年間200以上のセミナーディレクターをしていました。

 

意気込み:まさか自分がプレゼンターに!?

出会いは、東日本大震災後、仙台でドリームプランプレゼンテーションを見る機会がありました。

自分の想いを形にして10分の間に表現する。たくさんの人たちに届ける姿に感動しました。

そこから12年後大阪の地にて、womanドリプラの主催のアンディさんに出逢いました。

 

私は、表に立って自分を表現するのが苦手でプレゼンの場なんて、考えただけでも震えがくるくらい想像のできないことです。

しかし、この震災から10年以上たち、このタイミングでアンディさんからの

【やりなはれ】にやるしかない、動くしかないと感じました。

 

どこかで、自分の殻を破るタイミングを待っていたのかもしれません。

決断できず、ズルズルと日々を過ごし、いつの間にかやりたいと思う事すらなくなってしまっていました。

 

やれるかどうかじゃなく、やりたいかという視点で考えてみると

ヤッパリたくさんの人たちのサポートをしていきたい!役に立ちたい!

が、先行するのです。

 

相手の話を聞いて、人のやりたいを言語化し、痒い所に手が届くサービス

セミナー運営ディレクターとして、仕事は早く、効率よく、臨機応変に柔軟に対応!

 

あなたと出会えてよかったと言っていただけるような人になりたいと思います。

プレゼンター候補

中村 三奈子 さん(東京都)

短大を卒業後、23年間アパレル6社に勤務。ず〜〜〜っと服 売ってました!

 

そんな最中、出産を機に人生が激変!

不妊治療の末、2013年に なんと三つ子の女の子を出産しました。

初めての育児が三つ子って、もう本当に身も心もヘロヘロでした・・・

家事・育児・仕事の両立ができなくなり、自らを見つめ直すこと3年。

 

働くことは大好きだけど環境がそれを許してくれず、起業の道を進むべく、チャイルドマインダーやTA(交流分析)カンセラー、コーチング、統計学などを学ぶと同時に、起業塾や起業コミュニティに参加し、自分の好きを仕事にすることを模索し続けてきました。

 

そんな時ふと「私がず〜〜〜っとやれて苦にならず楽しめることは何だろう?」と考えた時に頭に浮かんだ『推し活』!!!

家事育児仕事で、忙しすぎる日常を別世界に連れていってくれたのは「推し」の存在。

辛い不妊治療を助けてくれたのも「推し」の存在があったから乗り越えられました。

 

 

推し活をしている人々の原動力ってスゴイんですよ!

例えば、韓流スター好きのマダムは美容やダイエットに勤しみ、韓国語を習いにいく人も現れます。

50代以上でもSNSをマスターし、どんどん自分をアップデートしている。

もれなく私もその一人。まだ40代ではありますが、推し活のお陰で美容にも興味アリアリですし、ITにもずいぶん強くなりました。

 

 

出産前に行ったある韓流スターのコンサート。

東京ドームに集うマダムたちはキラキラと目を輝かせています。

でもどこかちょっと遠慮がちな雰囲気が漂っていました・・・。

家族に内緒で来ている人や、少し疲れた感じだったり・・・。

 

 

この人たちをもっともっと輝かせてあげたい!

スタイリングにメイク、体型を少し変えるだけで、自分に自信が持てて、もっと推し活が楽しくなるはず!

元アパレル販売員の私はその時そう強く思ったのでした。

 

 

時が流れ、2021年。

飲食店を経営している友人や、ホテルに勤める知人、ショップ店員である元同僚は

コロナ禍もあり集客に苦労している現実。

 

 

推し活者さんの原動力を、レストランや宿泊施設、様々なショップの集客に活かせないだろうか。

例えば、推し活の集いで飲食店や宿泊施設で集客かけたり、スタイリングやメイクの提案ができる環境を整えられないかな?

そんなことがワクワクと頭をよぎったタイミングで、出逢ったのがアンディさんでした。

 

 

私の頭の中に浮かんだそのワクワクを話したら

「それ、どれくらいやりたいの?」

「めっちゃやりたいです!」

「ほな、ドリームプランプレゼンテーションに出なはれ!本気でやりたいと思っているなら叶うで!」

 

 

私はその力強い言葉で決めました!

このウーマンドリームプレゼンテーションに出場し、推し活環境を整えることで、集客できるお店を増やすと同時に、綺麗でイキイキしている推し活者さんを増やしたい!

それを叶える場が目の前に現れたウキっと感をカタチにしたいと思います。

 

どうぞよろしくお願いします!

 

*ここで言う「推し活」とは、大好きなミュージシャンや俳優を応援し情熱を注ぐ活動のことを表しています。

プレゼンター候補

堀内 映子 さん(兵庫県)

◎宝塚市在住・堀内映子です。

 

ピアノを弾き、オリジナル曲を作ったり、You Tubeを配信しております。

今まで出逢ったご縁がありがたくて、

【Happy縁ターティナーエイコ】とネーミング。

 

宝塚歌劇・宝塚のまちが大好きで、タカラヅカレポーター活動もしています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

【今までの人生】

 

ピアノを始めたのは3歳。

母からでした。

とても明るくて元気な子供でしたが、10歳から受験勉強とピアノのハードスケジュールで、クラブや部活も禁止でした。

 

17歳の時、その生活に耐えられなくなり、学校にも行けなくなり、親や先生方の期待に応えられない自分を責め、罪悪感を抱えて生きてきました。

 

25歳の時、職場で腰からの激痛で突然歩けなくなり、ありとあらゆる治療をやりました。

諦めていた時東京の鍼灸の先生と出会い、東京で1人暮らしをしながら働き治療に通う数年を。

 

実家に帰った翌年、阪神大震災が。

沢山の命が突然終わることを実感しました。

 

その翌年結婚して関東に住みましたが、

103歳まで生きた祖母からの、私の介護人生も始まりました。

遠距離介護を12年。

父も見送り、今年で27年目。

91歳の母がいま施設に居ます。

 

遠距離介護でクタクタになった時、宝塚歌劇に力を貰いました。

子供の時から観ていた歌劇ですが、あの時は本当に感動しました。

音楽や芸術がこんなに人に力を与えてくれるのか!!と。

 

遠距離介護や色々頑張りすぎた私。

気づけば緊急入院となり、点滴を打たれたベッドで

【もう 自分の人生を生きる!】

【人生を生きなおそう】と決意したのです。

腹をくくりました。

52歳でした。

 

そして心理学や脳科学、コーチング、レイキ他を学び実践してきました。

 

音大挫折でコンプレックスや罪悪感を抱えていたピアノも、

 

ある人を通してその頃、

神様から【もう弾きなさい!あなたのピアノを】と言われている様な出来事が次々と起こり、

新しい扉がパーンと空いたのです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

たった一度の人生です!

いのちの時間は限られています。

もう、やりたいことやっていこう!!

 

 

【ウーマンドリプラ】との出会いは、素敵なお友達が登壇されていたのです。

また去年のドリプラでは作曲で応援させて頂きました。

 

アンディさんとは芸術つながり、宝塚大劇場でも何度かお会いして、今年のチャレンジとなりました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

私は今年、人生の節目の還暦を迎えます。

 

辛いこといっぱいあったけれど、今、生きてて良かった!

と実感しています。

 

辛かった出来事、経験はのちの人生で必ず活きます!

【あれがあったから今がある】

経験は宝物です。

 

大切なあなたのいのちにあなたがトキメいて。

私も沢山の経験からの音もお届けしたいです。

◎よろしくお願いいたします! 


プレゼンター候補

わたなべ ゆきこ さん(千葉県)

2人姉妹の長女として生まれ、頑張っても認めてもらえない

モヤモヤを抱えて来ました。

 

「あなたは親の敷いたレールを何も考えずに歩けばいいのよ

」と言われ進んできたけれど、大学受験に失敗。

 

親のレールから落ち、自分の居場所がなくなってしまった気がして

孤独な学生時代を過ごしました。

 

それから、結婚出産を経て、茨城の実家で両親・妹・甥っ子・自分と夫、

子ども2人の3世代8人が同居。加えて、そこでの妹のピアノ教室運営と

リフォーム工事が始まり、常に誰かが家に出入りする生活で、自分の家なのに

落ち着かない生活。でも長女気質からみんなの意見や気持ちを感じ過ぎて

板挟み状態になり、本音が言えない、自分の気持ちを伝えることが

できないことから鬱を発症。

 

心理学を学び心が軽くなったところで、3人目を妊娠出産。

真ん中っこのイヤイヤ期に悩み、相談しているうちに、

子どもの問題ではなく自分が自由にやりたいことを

やりたい!という思いが湧いてきた。

 

自分のやりたいことを探しているうちに、イベントで筆文字に出会う。

 

自分の中にあるものを表現すること、ことばで人を感動させることが

できることに、過去に本音を言えなかった自分の気持ちが癒された。

 

言えなかったことを筆文字で表現できること、自分らしく自由に、

表現することでお客さんと感動を共有できることを

仕事にしたい!と思うようになる。

 

パートで起業塾やセミナー代を稼ぎながら、勉強したり、行動してきたが

全然うまくいかない。

 

なんでわたしだけいつもうまくいかないんだろう?と泣いていたら

6年間いて大好きだった起業塾のトップにブロックされ、

誰も味方がおらず、また居場所がなくなったと孤独を感じた。

 

そんな時に出会ったのがアンディさん。

 

筆文字に出会ってから7年。

何度も、自分らしさや自由を諦め、普通にパートをしようかと

悩んだけれど、どうしても諦められなかったアーティストとしての

自分や人生。

 

ドリプラではありのままの表現者としての自分を出せたらいいなと思ってます。

 

 

プレゼンター候補

あらの たか子 さん(東京都)

あるまま生きるナビゲーター(よみときスキャン施術士)

シャウト系の暴れん坊でレモンサワー好き。

20歳年上の夫と小学生女児の3人家族(間もなく4人家族になる予定♡2022年4月現在)

 

 

子どもの頃は、「これがしたい!」「イヤだ!」と感じたと同時に、身体は動き、心と身体がとても仲が良かった気がします。好きな事をしても止められない・押さえつけられない、だけど周りと調和しながら生きていた、そんな幼少時代を送ってきました。

 

でも、成長するにつれて育った環境から強く感じていた事は、大学へ行き、安定した会社へ入り、正社員となって働き、結婚をして家庭を持つ、そんな“ 無難で普通 ”な安定した未来が幸せな事、と思うようになり、その” 無難で普通 ”という制限の中で、じぶんのやりたい事を見出そうとしていた事は「何が好きなのか」「じぶんの意見はどこにあるのか」分からなくなり、生きづらさを抱え、8年の過食症の末、うつ病になり、「こんな私」になってしまった事に心からガッカリしました。

 

そんな私が子どもを授かった時、一番に思ったことは、我が子を「こんな私」にしないためにはどうしたらいいだろうと思い、子育て講座やセミナーを漁るように受講しましたが、そこで気付いた事は、母である私がじぶんの事を「こんな私」と思っている事が、子育てにおいて一番悪影響であることでした。

 

その後、じぶんを整えるため、コーチングや心理学、脳科学、潜在意識などの学びを重ね、今抱く私の夢は、子どもの頃の様に、心と身体が仲良く生きる事。

 

母から送られた「生まれてきたからには誰にでも使命がある。」という言葉が私の脳裏には焼き付いています。何度もあきらめたけれど、その度に何度も何度も内側から湧き上がってくるのは、私の生きづらかった人生そのものを使命としたい。私の生きづらかった人生を世の中の価値に変え、じぶんを表現しながら生きていきたい、その「願い」の灯がどうしても消えずにいるのを感じ、ドリプラの門を叩くことにしました。

プレゼンター候補

松原 由佳 さん(愛知県)

【みんなに笑顔になってほしい】

元々パティシエをしていました

【美味しいものを食べると、みんな笑顔になるから】

好きな職業に就いたし、

やる気もあったし、好き勝手に、やっていたのにも関わらず

 

「いつも、なんか上手くいかない、愚痴っぽい、

自分のことが好きではなく、自信もありませんでした。」

がんばって、みんなを笑顔にするんだ!と

思いながら【頑張る】をずっとやってきました。

いつの間にか、ズタボロになり、体調を崩してしまいました。

生活を全部いっそう食生活、思考、心を一気に見直しの時期になりました。

 

有機栽培の畑の手伝いをしながら、自然と戯れること、

マクロビオティックや薬膳を習い、お料理をして体を見直すこと

まず五感が働き、身体が軽くなるという体験をしました。

 

身体と共に、思考もどんどん変化させないとな!という所もあり、

自分の頭の整理も始めました。【思い込み】を見直していくと、

「なんでこんなに楽しいの!!」と、日に日に元気になりました。

 

ここ3年で私の生き方が徐々に変わり、楽しみを探していたところ、

【感カード】という不思議なカードや

【ヘリオセントリック占星術】に出会い、

不思議だけど、自分のテンション上がってしまうものにハマります。

「ゆかちゃん、これから何すんの???何したいの???夢は???」っと聞かれると、

「何をやりたいのか分からない。」今後何をしていきたい!っていうのが分からない。

私はとっても楽しい!感カードやヘリオをやっていると、

相手も楽しい、生きるのが楽になったり、人間関係が楽になるのはわかった!

 

そんなときに【トラウマ】が出てきました。

自分の理想、思いを口に出すということが、できなかったんです。

【思いを口にすると先に涙が出てきて何も伝えられない。】

 

そんな時に、なるせさとみさんの、五感の講座や、

アンディさんの講座に出会い、

まずは【言葉にする】ということが出来るようになりました。

さとみんの「私をサポートしたい」という誘いを受けて、

アンディさんの

「いい影響の波に吞まれるのも一つの選択肢やで~」という

出場をきめました。

自分のビジネスをするにはぶれない自分が大事!との事で、

ぶれない軸を作ると共に、自分の思いを口に出したいと思い、

ドリプラに参戦します!

 

怖いけど、語ってみたい、舞台に立ちたい、トラウマ解消したい!

新たな私を見てみたい!と思っています。

そして、堂々と周りを笑顔にすることを宣言していきたいです。

 

どうぞ、お力添え、よろしくおねがいします!


プレゼンター候補

三田村 美恵 さん(滋賀県)

三田村美恵(三つの田んぼと農村の美しい恵を守り継ぐ農業者🌾ミタムラミエ)です。

ドリプラ世界大会2012で発表した“日本農武士プロジェクト”にちなみ、のぶしちゃんと呼んでくれたら嬉しいです。

 

滋賀県大津市(福井県越前町、実家)在住。

 

農業LOVEな農業バカだから、農業のことなら何でも聞いて下さい。得意分野は、有機農業・自然農・ロハスライフ・SDGs・農福連携・地域資源循環ビジネス・ツーリズム・地域活性化ビジネスなど。

 

農業を軸にしたパラレルワーカーです(農福連携事業所の農業指導アドバイザー、マイファームの自産自消アドバイザー、農業人材派遣スタンディング・オンの農業活性化プロジェクトリーダー兼農業技術指導コンサルタント)

 

こだわりの有機・無農薬栽培の直販米農家🌾美の里ファーム

代表【http://www.web-services.jp/minori-farm/ 】もしています

 

福島正伸先生のドリームプランプレゼンテーション世界大会2012で《農業から人を変え世を変え、社会をも変える。未来ある子ども達のために、幸福も産みだす作りだす農業へ》と農業から社会課題もより良くするアグリソーシャルビジネスを展開していくと決めたのに、まだまだな未熟で夢半ばな私。

 

今は、シングルマザー農家として、子育て中心の働き方をするために、離婚を機にRESTART個人開業して❤️最愛の息子を育てながら夢に向かっています。

18歳〜の波乱万丈な半生(自暴自棄、非行、中絶、自殺未遂、少年院、鬱病、夜の仕事、DV、社会の裏側)と妊娠・出産・子育て、家庭問題からの離婚問題(モラハラ、発達障害グレー、経済的DV、昼逃げ、シンママハラスメント)から、約3年の時間はブラッシュアップ期間を得て、子育て&結婚期間が新たに私をメンタルでも色んな面でも、ビジネスに必要な戦闘農力をあげてくれたので、スピード感を持ち農業界を変える女性の働き方のロールモデルになる✊農LIFUコンサルタントとして、農業を通して色んな境遇にある子ども達の人生を幸福な人生に導ける世界ナンバーワンのお節介百姓お母ちゃんになる❤️の目標を掲げました。

 

そのためには、仲間と学びが必要だと思い、女性である強みの大切さを痛感し喜びも得た今。WOMANドリプラに挑戦したくなりました。宜しくお願いします。



パートナー

パートナー

岳下美奈子 さん

■パートナーとなったプレゼンターさん

中村三奈子 さん


プレゼンターさんを応援する理由・パートナーになった理由
運命を感じているから。同じ名前、共に三姉妹の母。プライベート、ビジネス、夢。なんでも心置きなく話せるみーちゃんの存在は1億積んでも手に入らないかけがえのない私の財産です。いつも一番に私を応援してくれるコーチでもあるみーちゃん。今度は私が応援する番です!


■自己紹介
極度の外見コンプレックスだった幼少期。メイクをきっかけに開いていった人生経験を元に、美容業界にたずさわること20年。自分を好きになることの大切さを伝えるためにメイクアップアドバイザーをしている。M beauty method主宰 三姉妹の母

 

パートナー

本田 彰 さん

■パートナーとなったプレゼンターさん

三浦紀子 さん

 

■プレゼンターさんを応援する理由・パートナーになった理由

ドリプラのことは、まったく知りませんでした。紀子さんに誘われて支援会に参加した際、夢に向かっている方がたくさんいること、そのような方々を応援できる場があると知りました。

そして、一番近くで応援できるパートナーになることをのりこさんにお願いされました。もちろん、即答でOKしました!

 

自己紹介

ほぼフリーランスのシステムエンジニアをしています。

大手製造業にて、企業向けのグローバルなサービス開発をしていて、アーキテクトとして参画させていただいています。

また、コーチングやカウンセリングを活かして、就活や働き方の相談に乗っています。

 

その人本来の良さを引き出すことで、クライアントさんが社会人2年目で業界トップ企業のトップ営業マンになったり、社内プレゼンで最優秀表彰をされたりしています。

 

パートナー

田中みゆき

■パートナーとなったプレゼンターさん あらのたかこ さん

■プレゼンターさんを応援する理由・パートナーになった理由

たか子さんの真っ直ぐさ。素直さ。純粋さ。全てに惹かれ、応援したいと思いました

■自己紹介

元保育士であり、二児の母。

自分が自分自身を、そして自分の人生をずっと生きてなかったことに気付き、2018.2019のウーマンドリプラ 関東にプレゼンターとして参加。

その時のプレゼンを軸に、現在は「地球を遊ぼう*imacoco」プロジェクトとして、『イヤイヤ期の子育て講座』・『神さまフォト』撮影メニュー・『神さまセッション』という自分自身と繋がる、仲直りする。そんなメニューを提供させていただいていたり、自分と自分、人と人、地域と地域とを繋ぐ事業を進めています。

 


パートナー

小林千晶 さん

■パートナーとなったプレゼンターさん

三田村美恵 さん

 

 

■プレゼンターさんを応援する理由・パートナーになった理由

農武士ちゃんのこと、農武士ちゃんの夢が大好きだから、断る理由がありませんでした!

今の私にどれだけ支えられるか自信がありませんでしたが、農武士ちゃんの夢を応援することで元気と希望をいただいています。

 

お互い一児のシングルマザーで、プレゼンしてから夢実現の難しさや夢半ばの状況も同じで共通するところがあり、これからともに切磋琢磨していけたらと思っています。

 

 

■自己紹介

2011年、京都おもてな市民でウーマンドリプラと世界大会でプレゼンさせていただきました。

 

OL、

和装でお掃除イベント、

婚活イベント、

外見魅力アップセミナー企画、

大人の色気セミナーの開催、

脱毛エステティシャンと色んなことをしてきました。

 

現在はwebマーケティングを習得し、農武士ちゃんページを作るのを楽しみにしています♪

 

パートナー

星読みKYOKO(小瀬享子 こせ きょうこ)さん

■パートナーとなったプレゼンターさん
松原 由佳さん

 

 

■プレゼンターさんを応援する理由・パートナーになった理由

松原由佳さんとの出会いは、1年半前。

ヘリオセントリックの星よみの仲間との勉強会を開いた時でした。

その時に、私の夢、星よみのプロを目指す人が学び合えるグループを作りたい!!を叶えてくれて、

一緒に運営してくれたのが由佳さんでした。

今現在、グループは230人を超え(2022年6月末現在)

今も、皆さん星よみのプロを目指して、楽しみながら星よみを学び合っています。

 

私の夢を叶えてくれた由佳さんの夢を、応援するため。

一緒に夢を叶えるために、パートナーをさせていただくことにしました。

 

 

■自己紹介

一期一会hygge time 代表

(いちごいちえヒュッゲタイム)

 

天王星メッセンジャー星よみKYOKO

 

潜在意識や、ご自身の得意、不得意、社会的な役割を読むのを得意とする、ヘリオセントリック星読み師

 

自分が好きなこと!得意な才能!で成功したい!仕事したい!

社会の居場所を作るお手伝いをいたします!!

 

☆星よみのプロを目指す方の為の学び合いの場所Facebookグループ

【ヘリオセントリック研究所】管理人

 

☆ 星よみを自分の感性で読めるようになる!!講座を主催

 

☆星読みプロデュース、星読みコンサルを今後は展開予定

 

星よみでいうと破壊と再生の星、天王星が強い私は、カフェ店長時代は、赤字を黒字へと再生。旅館の若女将時代は3年で、年間売り上げを約700万円アップさせる。

 

今後は、この再生能力をプロデュースや、コンサルで、ヘリオセントリックの潜在意識能力を読める仕組みを使い、クライアントさんをより良く変化させていきます。

 

Facebook

 

https://m.facebook.com/kyoko.ks.90

 

Instagram

 

https://www.instagram.com/hoshiyomikyoko/

 

ホームページ制作中

 

パートナー

三木洋子(みきようこ)さん

■パートナーとなったプレゼンターさん
渡部有希子さん

 

 

■プレゼンターさんを応援する理由・パートナーになった理由

いっぱいいっぱい自分の感情と向き合ってる姿は、一生懸命自分を

表現しながら、大好きな筆文字でもっと表現したいんだと感じました。

同じ筆文字ママとして、ドリプラ経験者としてずっと寄り添いたいと想いました。

筆ゆきちゃんの笑顔がもっと見たいし、届けたいと思ったからです。

 

私の夢を叶えてくれた由佳さんの夢を、応援するため。

一緒に夢を叶えるために、パートナーをさせていただくことにしました。

 

 

■自己紹介

 ママたちの居場所創りをコンセプトに、函館で10年以上、エクササイズ指導

をしながら、子育て応援プロジェクト企画プロデュースをしています。また、

ドリーム愛ランドビレッジという自然体験型施設運営と、筆文字愛書家として

笑顔と笑顔が連鎖する社会作りをしています。

 


パートナー

萩野麻美(はぎのまみ) さん

■パートナーとなったプレゼンターさん

堀内映子さん

 

 

■プレゼンターさんを応援する理由・パートナーになった理由

出会ってから数年。要所要所で出会い、今は毎朝瞑想をするグループでご一緒しています。

昨年、今年と私もリッツ・カールトン・ホテルでスピーチをする機会をいただき、映子さんには励ましの言葉をたくさんいただきました。

今度は私が応援させていただきたく思います。

 

パートナーになった理由は

お話をいただいたとき、私の舞台が用意された!と思いました。

そして私の課題だとも感じました。

人に寄り添うこと。私の力が試されていると感じています。

 

 

 

■自己紹介

1956年生まれ。現在65歳。

自分を生きる専門家、思考の整理箱マンダラチャート認定講師の萩野麻美です。

生きることにしんどさを感じていた子供時代。それから時がたち導かれるようにしてであった、マンダラ手帳。そしてマンダラ思考。この思考を学ぶうち、子供時代は人生を生きるための宝箱だと気づきます。そこから私の人生は好転していきました。

生きづらさを感じている人たちの子供時代のお話を伺い、人生を良い方向へ舵を切るための考え方をマンダラ思考から紐解いてお伝えし、思考の整理整頓をしています。